• ホーム
  • ピルには用量などの違いがある

ピルには用量などの違いがある

カメラを持っている女性

ピルとは、エストロゲンとプロゲステノーゲンというホルモンが入っている薬です。
ピルを飲むと、体のホルモンバランスが妊娠している時と似た状態になります。
そのため排卵が抑制される事になり、結果として避妊に効果があるのです。

また、避妊以外の効果を期待してピルを使う場合もあります。
例えば、月経痛等の月経に伴うトラブルの改善、にきびの改善等のホルモンバランスの変化による効果等です。

ちなみに、ピルには用量などの違いがあります。
用量の違いですと、低用量ピルと中用量ピルがあります。
この二つの違いは、配合されているホルモンの量の違いです。
低用量ピルは避妊に必要なホルモン量を最小限に抑えてある物で、ホルモン量が少なめなので副作用のリスクは低くなります。

対して中用量ピルは、月経の日にちを調整したい場合等に用いられます。
ホルモン量が低用量ピルよりも多いので、調整に失敗する可能性は低くなります。
ただし、配合されているホルモン量が多いがために、副作用が起きる可能性が高くなります。

また、配合されているホルモン量の違い以外にも、錠数による違いや飲み始める時期の違いもあります。

ピルは使い方を間違えると期待した効果が得られなかったり、副作用が起きる可能性が高くなる場合があります。
使う際には、しっかりと医師に相談して、自分に合ったピルを処方してもらう事が大切です。

関連記事
リズム法よりも確実なピル 2020年05月17日

健康な男性と女性が愛し合っていると、性交渉をすることになるのが普通です。しかし、まだ結婚とか将来の約束とかといった状況になっていない場合もほとんどなので、妊娠をしてしまうと困ってしまうという人たちもたくさんいることでしょう。そこでそれぞれのカップルがよく考えて避妊方法を実践していくのですが、日本にお...

避妊目的のピルとIUD、自律神経失調症状への効果とは 2020年03月29日

コンドームなど手軽な避妊具の他に、よりその確率が高い避妊方法としてピルやIUDが知られています。ピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンという女性が排卵、妊娠するのには欠かせない女性ホルモンをバランスよく摂取していくことができます。女性ホルモンを摂取するとその分体内でのホルモン分泌機能が停止することになるの...

処方箋薬ピルの成分にはエストロゲンが含まれている 2020年02月12日

避妊の処方箋としてもらうことが出来る一般的な薬はピルと言います。これは女性が利用することが出来る避妊薬のことを言いますので、女性が服用すると妊娠しないように排卵がストップする効果を果たすようになります。そして、このピルの主成分にはエストロゲンという成分が利用されています。エストロゲンは、卵胞ホルモン...

ピルはコンドームと違いにきび治療も出来る避妊方法です 2020年01月09日

ピルというのは非常に小さな粒状の薬ですが、その小さな薬の中には数え切れない位の女性にとって良い効果をもたらす効果がつまっているのです。一般的にピルというのはコンドームと同様、避妊を成功させる為に使用するものです。しかしコンドームとの最大の違いは、ピルを服用して避妊をすることで避妊として効果以外にも、...

更年期障害の改善に適しているピルは国内外製造を選べる 2019年12月10日

婦人科の医師のように、多くの女性を診察している方は現代の女性に共通する事柄に気づいています。それは、通常起こることのない年齢に更年期障害が発生するプレ更年期と呼ばれる症状が増加傾向にあるということです。一般的に、日本人女性が閉経する年齢の平均は50歳とされています。50歳を中心とした前後10年間を更...